株式会社クロフーディングは食育事業・レストラン事業・福祉事業・総合プロデュース事業など広きにわたり、食を通じた喜びのために邁進いたします

  • 代替名
  • 代替名
  • 代替名
ユニバーサルとは
How about Universal
誰もが持っている違いという個性を尊重して、
平等も大切だが、時には公正な対応をしていく事。
Le Clos Universal
その平等と公正の中で誰もが全てを選べる権利を持っていて、それが多様性になり、それに対応できる能力が対応性である。


私ル・クログループのユニバーサルはこの対応性をいろんな環境、スチュエーションでも可能することに努める思いの行動だと思います。

これが一番身近で行われているところが、家庭であり、 お客様を家族と思った時にどんな風にあなたはしてあげたいですか? そこの思いの行動にユニバーサルがあります。
 
理念
Idea of LeClos
1つ1つ夢に意志を持たせるために、クロフーディングはお客様の喜びが我々の喜びである事をheart(心)に誓い、確かなhand(技術)で皆様に信頼をお約束します。
黒岩 功 Message
黒岩 功からの
熱い!!メッセージ
美味しさと楽しさはどこにも負けない。
そして大切な人を心からもてなす気持ちを忘れず前進します。
おもてなしと感謝の心
私の夢は幼い頃から料理人になり将来自分の店を持つことでした。
そして飲食業界に入り、さまざまな人との出会いのおかげにより自分の小さなレストランを持ち幼少の頃であった夢を現実にすることができました。それからも多くの人とのめぐり合わせがあり現在も事業を展開しております。
ル・クロで働くほとんどのスタッフが当店に食事に来たお客様です。
いろいろなサービス業から『ル・クロで働きたい』といってくれた者ばかりです。
ル・クログループは何よりも最高のスタッフで成り立っています。
すべてのスタッフが『自分たちの夢』や『目標』に向かって日々努力を続け、そこから生まれるパワーでお客様を満足させる『心からのおもてなし』を体験・体得しながら頑張っています。
このサービス業の本質である『ホスピタリティー』と『スタッフのパワー』こそ今のル・クログループを前進させていると思います。
スタッフを含め皆様のご支援を頂き今日に至りますことを心より感謝申し上げます。
略歴
昭和42年3月11日 鹿児島県に生まれる。

小学生の頃の授業参観日、「キャベツの千切り」のエピソードは現在も人財育成にも大きな影響をもたらす。
これをきっかけに料理人への道を固く決意し、19歳で調理師免許を取得、21歳で全国司厨士協会のスイス調理師派遣のメンバーとしてスイスに渡る。

ヨーロッパで3年間、3ツ星レストラン「タイユパン」と「ラ・コート・サンジャック」、2ツ星レストランの「ジラール・ベッソン」のシェフたちを師事し、本場のフランス料理を学ぶ。

帰国後、大阪北新地の「洋風懐石花宴」で副料理長を3年間務め和と洋の融合した料理を提供し、その後京都先斗町「レストランナツカ」で3年間料理長を務める。

平成12年12月までの3年間は心斎橋の「ビストロ・ド・サカナザ」にて料理長兼店長として料理とマネージメントを任される。

2000年2月に独立し、現在日本、フランス(パリ)5店舗のオーナーシェフを務め、ル・クログループとしてブライダル事業、その他レストランプロデュースやケータリング事業や食育活動人財育生の又は今では一般社団法人FUKUROを立上げ障がい者の方の福祉事業所を2ヶ所を運営している。
黒岩功 書籍集
Books of Isao kuroiwa
伝えたい事がある。
食育活動
Action of dietary education
未来ある子供たちへ…
フランス料理を通じてレストランならではの食育活動を実施。
「食べる」ことは、生きるために必要なことではありますが、それだけではなく、コミュニケーション、創造力、探究心、感謝の心、気遣いなどさまざまな人間教育の場ともなります。
レストランとしてプロの料理人からの視点、その違いを含めてこれからの食教育について考えていきたいと思っています。
食育 3 つのキーワード
  1. 「楽しさ」
食事を通して五感で感じる楽しさを持ち続けること。
それが、パーソナリティ(個性)がコミュニケーション(協調と強調)に溶け込む瞬間です。
  1. 「感動」
一つの感動は未来の夢への架け橋。
感受性の高い子供たちの感動が全てのスタート。
  1. 「創造」
創る興味、造る喜び、作る瞬間、その時子供たちは「自由」を手にして創造していく。
それが神様から頂いた子供たちへの最高の贈り物だから…
代替名